catch-img

ビジュアルコンテンツが注目される理由とは?

ソーシャルメディアで写真や動画などのビジュアルコンテンツを共有することが一般的になったことにより、ブランドは自社商品に関連するユーザー生成コンテンツ(UGC)を収集して共有することができるようになりました。ビジュアルUGCは、お客様が注目されるチャンスがあると同時に、ブランドにとっては信頼性を高め、コミュニティを成長させ、コンバージョンを増加させる強力なツールとなります。

この記事では、ビジュアルコンテンツを活用して顧客獲得につなげる方法について説明します。


目次[非表示]

  1. 1.実際のお客様の写真を活用して購入意欲を高める
  2. 2.商品詳細ページのコンバージョンを高めるコンテンツとは
  3. 3.ビジュアルUGCがもたらす効果
  4. 4.コミュニティを育てる
  5. 5.成功事例
  6. 6.まとめ


実際のお客様の写真を活用して購入意欲を高める

 ビジュアルマーケティングは、ソーシャルコマースの強力なツールです。

ソーシャルメディアで写真を掲載した投稿は、「いいね!」が53%、コメントが104%、クリック率が84%も高くなったというデータがあります。また、動画を見た後、64%の消費者がオンラインで商品を購入する可能性が高くなったというデータもあります。ブランドにとっての大きな課題は、すべてのチャネルにおいて、つねに新しく魅力的なビジュアルコンテンツを多く作成することです。

そこで登場するのが、お客様が作成するビジュアルUGCです。お客様が作成した写真や動画は、消費者にとって親近感があり、購入意思決定に影響を与え、コンバージョンを高めるという点において効果的です。それだけではなく、お客様はつねに新しいビジュアルUGCを作成し共有しているので、サイト内外で活用できるさまざまなコンテンツを収集することが容易になります。


商品詳細ページのコンバージョンを高めるコンテンツとは

商品詳細ページを訪れる消費者は、購入を検討している商品の詳細情報を知りたいという意思表示をしていると考えられます。モデルや完璧な照明を使った写真は魅力的ではありますが、消費者は実際に商品を購入した場合のイメージを知りたがっています。

このような場合には、お客様がその商品を使用している様子や楽しんでいる様子を撮影した、消費者が知りたいコンテンツを掲載することで、消費者が迷わず購入を決断していただけるようなソーシャルプルーフ(社会的証明)を示し、コンバージョンを高めることができるのです。例えば、Vanity Planetは、商品詳細ページでビジュアルUGCをA/Bテストし、コンバージョン率が6.56%から8.11%に上昇しました。


ビジュアルUGCがもたらす効果

ビジュアルUGCは、お客様が商品を使用し、楽しんでいることを証明するだけでなく、意思決定の助けにもなります。さまざまなお客様が商品を使用している様子をまとめて掲載することで、サイズ、スタイリング、品質など、商品が実際にどのように見えるかを消費者に理解していただくことができます。

例えば、ファッション用のスカーフを販売しているとします。商品詳細ページには商品の写真が何枚か掲載されていますが、実際に着用している人の写真はありません。消費者はプリントを気に入っても、結ぶ方法が分からないかもしれません。その時に、お客様が実際にそのスカーフを様々な方法で着用しているビジュアルUGCがあれば、消費者を購入に導くことができます。

写真を収集してまとめるのは大変だと思われるかもしれませんが、YOTPOの機能を使えば、Instagramから写真を集めてタグ付けし、商品ページのビジュアルギャラリーで紹介することが簡単にできます。これらの機能を使えば、カスタマーレビューで投稿されたビジュアルUGCを集めることもできます。

ビジュアルコンテンツの効果



コミュニティを育てる

ショッピング体験がオンラインに移行しているなかで、ブランドとのつながりを育てることが重要です。そうすることにより、お客様が次回以降も買い物をしてくれる可能性が高くなるだけでなく、良い体験をした後に自然と他の人にも勧めてくれるようになり、ブランドの支持者になってくれます。

ブランドがオンラインでコミュニティを成長させるためには、以下のような戦略があります。

  • お客様に写真や動画とともにレビューを書いてもらう。
  • インスタグラムの写真や動画にブランドをタグ付けしてもらう。
  • ソーシャルメディアでビジュアルUGCを共有する際に、お客様が使用するハッシュタグを作成する。
  • キャンペーンやコンテストを実施して、お客様にビジュアルコンテンツを投稿してもらう。

上記を実行することによって、お客様が商品を愛するコミュニティの一員であることを実感できます。また、ビジュアルギャラリーを作成して、商品詳細ページ、ソーシャルチャネルなどで紹介することにより、お客様とより深い関係を築き、お客様にコミュニティの一員になっていただくことができます。


成功事例

数々の賞を受賞しているボディケアブランド「Sol de Janeiro」は、肌にハリを与える全身用化粧水「ブラジリアンバムバムクリーム」です。Sol de Janeiro社は、お客様を大切にする姿勢をさらに強化し、熱心なファンのコミュニティと直接つながるためのより良い方法を模索していました。

より多くのレビューや写真を集めるために、購入後のメールでクーポンを提供し、お客様にインセンティブを提供しました。また、YOTPOのAIスマートフィルターと検索を利用して、お客様がレビューを香りなどのトピックや肌タイプなどのお客様の属性別に分類できるようにしました。Instagramから撮影したお客様の写真や、レビューに掲載された写真、現場で直接アップロードされた写真をまとめて表示することができました。

【事例】sol de Janeiro

その結果、わずか6ヶ月の間にレビューが4倍以上に増え、売上の82%以上がUGCを利用した買い物客によるものという成果を獲得しました。お客様の写真を共有することで、Sol de Janeiro社のブランド・アイデンティティに欠かせない「beauty is an attitude」という考え方を広めることができました。

ソーシャルプルーフ(社会的証明)は、コンバージョンやブランドの信頼性を高めるために非常に有効なツールです。


まとめ

ビジュアルUGCは、お客様がお気に入りのブランドの顔になることを可能にすると同時に、ブランドが信頼性をアピールする強力な方法でもあります。お客様の写真や動画を使用することで、商品のソーシャルプルーフ(社会的証明)となり、コンバージョンを高めることができます。


※本記事は「Boost Social Proof With Visual Galleries」を翻訳・加筆修正したものです。



【お知らせ】

記事内でご紹介いたしましたEコマースマーケティングプラットフォームYOTPOは、IT導入補助金2021をご活用いただくことが可能です。くわしくは弊社までお問い合わせください。

※IT導入補助金2021とは・・・中小企業・小規模事業者がITツール導入において活用することができる補助金です。

藤谷 圭佐
藤谷 圭佐

2017年ギャプライズに入社。UGC&D2Cテクノロジーグループでインサイドセールス~フィールドセールスに従事。