タビオ株式会社 様

靴下屋公式通販Tabioオンラインストア

Tabio

■タビオ株式会社(東証第二部証券コード:2668)
タビオ株式会社は1968年の創業以来、50年以上にわたって「靴下をはいていることを忘れてしまうような“第2の皮膚”」をめざし、追求してまいりました。 繊細なはき心地の靴下をつくるために、商品は、長年の経験と技術を積んだ日本の職人たちが一つひとつ丁寧に編み立てています。 現在では、日本全国で、「靴下屋」「Tabio」「Tabio MEN」などの靴下専門店を255店舗(2021年6月末時点)展開しています。

また、「Tabio」名の店舗をパリ、ロンドンなどにも展開中で、Made in Japanのはき心地とデザイン性は、海外でも高い評価を得ています。

〇事業内容
靴下の企画・卸・小売、直営店(靴下屋・タビオ・タビオオム)の展開、フランチャイズチェーン(靴下屋)の展開

ホームページ: https://tabio.com/jp/

 

導入前の課題

以前、ECサイトに投稿フォームを設置し、商品ページに掲載するというベーシックなレビューシステムを自社開発しました。

しかし、分析機能が無い為に効果測定ができず、社内から改善の要望があっても優先度が低くなり対応できずにいました。大手サイトのような作りこみができないまま、会員証アプリ導入、ECサイトリニューアルを経て、お客様レビューを外すことになりました。

当時一度は外したお客様レビューですが、要望の声は大きく、再導入する運びとなりました。 単純に復活させるだけではなく、他社と比べても遜色のないシステムの導入を目指し、プロジェクトを立ち上げました。

YOTPOの活用ポイント

レビュー収集

YOTPOを選んだ理由

お客様に心地よくレビューを投稿していただく仕組みを考え抜かれていることが一番の理由です。 全てにおいてレビューを投稿いただくことが起点になりますので投稿率は最重要ポイントになります。

次に集客にも期待できることです。 他社サービスや広告にレビューを連携することによって、アクセス数の向上も期待できます。

過去に要望であがっていた分析機能、返信機能、グループ化機能、サイトへのレビューなどが標準で備わっていたことも大きいです。 導入案内のドキュメントも分かり易く、短期間で実装できました。

今後としては、SNSとの連携やOMO施策への展開、アメリカ・イギリス・フランス・中国など海外とのレビューの相互運用も考えています。

タビオ様UGC活用事例

お問い合わせ/資料ダウンロード

YOTPOやUGCマーケティングについて詳しく聞きたい方は
お気軽にご相談ください。